歯科医院の選び方について

歯科医院の過剰ともいわれ、今ではコンビニエンスストアよりも数が多いといわれています。患者側にとってみれば、歯科医院が多いということは、その分自分にあった歯科を選んでいくことができるわけなので、それほどいいことはありません。しかし、選んだ歯科医院によってはかえって症状が悪化してしまったり、治療後に菌が入ってしまってほかの治療が必要になってしまったという事例もあります。ほかの病院でも同じですが、医師と患者の信頼関係がしっかりとできていなければ、きちんとした治療は行われないのです。そこで、信頼できるような歯科を選ぶための方法について考えていきたいと思います。
・自宅との距離
どんなにいい歯科医院でも、自宅から遠い距離にある場合は通うのが大変になります。歯の治療は定期的に診察を受けに行かなくてはならない場合が多いので、自宅と会社の間にあるような歯科医院の中から選ぶといいでしょう。
・診療科目
歯科医院の中でも、口腔外科や矯正歯科・小児歯科など細かな診療科に分かれています。自分が治療を受けたい診療科が入っているかどうかを、きちんと確かめることが大切です。歯科医は、基本的に歯科関係の診療分野であればほとんど診察することができますが、やはりより専門的に診察してほしい場合は専門の診療科を明記している歯科医院を選ぶべきです。
・診療時間や予約の有無
歯科医院の場合、土日や祝日でも営業しているところがあります。平日は仕事が忙しくて歯科医院に行けないという場合は、自分が通えるような時間帯に開業している歯科を選びましょう。また、予約制は待ち時間が少なくていいのですが、急に調子が悪くなったときでも待たされることがあります。予約のない歯医者の場合、待ち時間は長くなりますが、急に具合が悪くなったときでも同じ待ち時間程度で診察してもらうことができます。どちらを選ぶかは、一人一人の待ち時間に対しての感じ方などで決めるといいでしょう。
・納得の行く治療
治療を始める際に、どういった治療をどのようなスケジュールで行い、大まかな費用を概算するなど細かな納得のいく説明をしてくれるかどうかで判断することができます。治療スケジュールを話した後、過剰診療がないように、その治療法以外の方法も説明しどちらがいいか患者に選ばせる歯科医院もあります。歯科医とのコミュニケーションは、信頼関係を結ぶ上で非常に重要なポイントです。
・口コミ、評判 
サイトや近所の人たちから、自分が行こうとしている歯医者の評判を聞いてみましょう。実際に言ってみると、評判とはまったく違っていたという場合もありますが、一番最初に歯医者を選ぶ際に参考になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP