全国の歯科医院の数

内科や整形外科などは一般的であるにもかかわらず、近くにはなかなかないものです。しかし、歯科医院は街中を歩いているといたるところで目にします。それだけ、歯科医院はいたるところに点在しているのです。現在、日本の歯科医の数は10万人といわれています。そして、歯科医院の数は、現在約68000件あるといわれているのです。この数は、日本全国のコンビニエンスストアの数より多いといわれています。しかし、数だけで判断してはいけません。この歯医医院の多くが首都圏や主要都市に集中しており、首都圏などから遠く離れた地域では、歯科医院不足で悩んでいるところもあります。歯科医院の数が多いことで発生するメリットは、患者が通いやすいという点です。ショッピングセンター内に開業し、土日は診察してショッピングセンターが休みの日を休診日にしているという歯科医院もあります。歯科医院の数が多ければ、駅から自宅に向かう途中にあったり用事を済ませるついでに立ち寄ることができたりと、患者にとっては通いやすいという利点があります。しかしその一方、歯科医院の数が多いことからくる経営競争に巻き込まれ、無駄に高い治療費を請求されたりというトラブルも多いようです。歯を治療している様子は自分では非常に見えにくい部分なので、何の治療をどのようにするのか・費用がどのくらいかかるのかというのは、あらかじめよく話し合いながら治療を受けたほうがいいでしょう。逆に言えば、説明もしないままにいきなり治療を始めるような歯科医院は、早い段階で通うのをやめたほうがいいといえます。ほかの病院と同じように、歯科医院も患者との信頼関係は非常に大切です。また、まれにですが看護師が勤務している歯科もあり、そのようなところは何となく安心感があります。ちなみに、歯科に看護師が転職する場合、採用枠が少ないので狭き門だといわれているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP